はりねずみのまいにち

夫といても、ずっとトゲトゲ、怯える毎日。離婚した方がマシだと決意し、現在絶賛別居中。

1年半ぶりのカオス~混沌~①

調停申し立てをしてから会ってなかったのですが、

(正確には、婚費の調停成立時に同席はしてますが。)

調停を進めるには直接会って話すことが不可欠だと主張するので、

二人きりではないことを条件に会ってきました。 

f:id:harinezumisan:20170821125540j:plain

そもそも調停の状況

何度か書いてますが、1年半の調停で、特に進展はありません。

一度「離婚はする」と言い、進みかけましたが、

期日の期間が開く(夫の忙しいアピールによる)こともあり、ふりだしに戻り、皆疲弊。

 

端的にまとめると、

1. 夫:反省した、離婚は考えてない

  私:特に気持ちに変化はありません。離婚したいです。

2. 夫:お前(私)のせいだ、俺は辛い、生活も苦しい、謝れ!金返せ!

~終了~

数十分前に、「反省した、変わっていくつもり」と言った口が、

「謝れ!」と畳み掛ける矛盾について、

どうして気がつけないのでしょうか。。。

 

話し合い決行の経緯

前々回(3月)の調停で、夫が「直接会って話さないと妻の真意が見えない」と言い出しました。

調停員さんの話によると、まだやり直す僅かな可能性を信じたい様子とのこと。

やり直す可能性、こちらとしては0ですが、上手く伝えてくださり、

次の5月の期日(つまり、前回の期日)までに、夫が私に連絡し、直接話し合いをするという予定でその日の話は終わりました。

 

私は直接話し合う必要性を感じていないし(というか嫌)、相手が言い出したことです。

第三者を挟むなら、と渋々了承しました。

散々協議して、話し合いに全くならないから調停しているのに、

この期に及んで何を話し合うのか謎ですが、実施しないと進まないと言っている以上、実施するしかありません(*_*)

 

しかし、待てど暮せど連絡は来ない。まぁ、予想通り。Mr.有言不実行 ですから何の不思議もありません。

その上、毎度のことながら「調停期日に出張が入った」と5月の期日をキャンセルしてきました。

結局6月に変更になったのですが、期日に行くと、またしても「離婚する気持ちはない、とにかく直接話さないと」とおっしゃっている模様。

ど・の・口・が!!!!!

 

仕事(長期出張)で忙しかったから日程を取れなかったとさ。

ハイハイ、たった数時間の自由も無いほど働かされてるんですね。

その会社、大丈夫でしょうか。

 

そんなに言うなら、今この場で、調停委員さん同席で話し合えませんか、と聞いてみました。

可能ではあるそうなので、本人に提案して頂きましたが、さしたる理由も提示せず却下。

「直接話す」という目的はすぐに果たせる状況なのにね。

ま、これも Mr.口先だけ ですから、予想通りの反応です。

 

7月に絶対代休を取らないといけないから、次こそは話合いを必ずする、と言うので、進展の無いまま、この日も終了。

 

この時、調停員さんと私の中では、9割「突然の取り下げ」を行う腹積もりになっていました。このことはまた別の記事で。

 

この記事も長くなったので分けます^^;