はりねずみのまいにち

夫といても、ずっとトゲトゲ、怯える毎日。離婚した方がマシだと決意し、現在絶賛別居中。

1年半ぶりのカオス~混沌~②

前回の続きです。  

www.harinezumidays.com

 

次の調停期日が来る前に、不本意な直接話し合いを実施しました。

 

突然の日程連絡

6月の期日から、8月末の期日まで、2ヶ月以上ありました。

そして、7月に代休を取らないといけないからその時に、

と言っていたけれど7月が終わり。

「またか・・・もう取り下げかな。」と思っていた8月の初め、突然連絡が来ました。

日程候補を入れてきて、話し合いできませんか。それだけ。

うち2つは、メールが来た日の数日後に迫る週末の日付でした。

 

こっちにも予定あるから…実際予定があったので、

候補のうち最後の1日(Xデーとしよう)なら時間取れそうなことを伝え、

そちらが言い出した話し合いで、第三者を挟むことを条件に応じると伝えたはずですが、その準備もできてるんですか?

と返信。

 

その後、放置される。どうしたらいいの。

第三者なんて準備していないと思うけど、それなら「そちらでなんとかしてくれ」って早く言ってくるものじゃないの。場所も時間も何もワカラン。

結局、催促もして、Xデーの数日前にやっと返事が来た。

「第三者はこっちで用意していいと思ってなかったからしてません、

もともと家に伺う予定でした」

と。

 

家に来ないで、と何度伝えたかわかりません。

(別居当初、突然押しかけてきたりしてた。)

もともとってなんやねん。勝手に予定にしないでください。

 

丁重にお断りし、喫茶店で私の父に同席してもらうことになりました。

 

さぁ、ご対面

開口一番「皆さん元気そうで良かったです。 」と。

み、みなさん?父と私?そうね、元気ですよ…

父は今回、傍観者として来ているので、二人でどうぞ、と最初に言ってくれました。

 

最初に、「そんな大したことしてないと思うんだけど」と言われました。

それが本音よね。反省してる、とか言ったの誰ですか。

この時点で、もう成り立ってないよ、その反省。

口先だけでしたよーって自ら告白しちゃってるよ。

 

「このまま別居してて、何も変わらないので、もういいよ」

と言われ、ハテナ?となる私。

もういいとは、離婚してもいいってこと?と聞こうと思ったところに、つらつらと話し始めた。

「破綻しているから。裁判したら離婚できるし。裁判してもらっても構わない。

でも、養育費は払うつもりない。勝手に出て行かれて、そんな酷い話はない。」

私「あの、私が100%悪いとは思っていません。でも仮に、私が100%悪くて離婚に至ったとしても、子どものことは別の問題で、養育費は子どもの権利です。」

って言ったけど、聞いちゃいません。ヒートしてきた。

 

夫が話したこと

・生前贈与したお金(夫は贈与と認めず、預けただけだと言い張る)を返してくれ

・結婚する相手を間違えた。今日会ってよくわかった。

 (これ、会って結構早い段階で言われた。私まだほとんど発言してない。何?見た目?笑)

・養育費は払わない

・勝手に出ていって、離婚されて、養育費まで当てにするなんておかしい。

・最初からそのつもりだったんだろう。子どもができたから離婚すればいい、ってな。酷い話だ。

 (子どもだけが目的なら、もっと条件のいい遺伝子を求めるよ。って言ってやりたい。)

・如何に今自分の生活が苦しいか云々。借金までしている(別居後外車に乗り換えた人が言う?)

・息子は片親に育てられ、ロクな子どもにならない(この発言には父も心底驚いていた。)

 親(私の事)の背中を見るからな。

・自分も片親だったが、自分の場合は祖母に似たから(と胸を張る。何だ?立派だと言いたいの?)

・良いご身分だな。甘い。

・私?の仕事っぷりが甘い、考えが甘い

 

他にも、人の通帳に入金して「預けただけ」なんて言い分は普通通らないでしょ、という説明をするために、「そんなことを認めたら脱税だってできてしまうし、一般的には認められないんじゃないかな」みたいなことを父が言ったら、

「自分はそんなことしていない、やましいことはない、通帳全部調べてもらっても良い」みたいに息巻いていた。

「今そんな話(脱税とか)をしている訳ではないし、貴方がしているなんて思ってない」と言うと、

今度は「何故私をかばうような発言をするのか」とか言い出すし、もうカオス。

こんな調子で、話は進まないのよ。

今そんな話してない!!!!論点じゃない!!!!!

あー、久しぶりに、カオスワールドに引きずり込まれそうになった。

 

結局父の助け舟で、二人で話し合っても平行線で解決はしないから、お互いの主張を専門家なりに判断してもらうしかないでしょ、となった。

私(父)じゃ無理(専門家でもないし、本当の意味での第三者じゃないから)だから、調停なり裁判で言いたいことを言ったらいいよ、それが10:0で認められることは無いだろうけど、7:3になるのか、5:5になるのか、とにかくここでこのまま話しても何の解決にもならないでしょ、と。

うん、わかりきってた(T_T)

 

調停では、「変わったのを見てもらいたい」という話も聞いてたけど、どこ行った?

まぁ、「離婚してもいい」となっただけ、進歩か。

 

 

得られた(?)もの

・離婚とは直接関係ない懸念事項が1つ解決できそう。口約束ですが。

・夫は変わることはないんだという確固たる確信が、更に更に揺るぎないものになった

 (父も、店を出るなり、「なーんにも変わってなかったな。」と一言。うん…)

・「離婚しない」と言っていたのが、「離婚はしてもいい」に変わった

 (いやでもふりだしに戻った実績があるから、楽観はできない)

 

とにかく疲れた

全く子どもの様子を尋ねる等もなく、とにかく呪いの言葉や蔑みの言葉を浴び続けた感じです。

とにかく父に申し訳ない。

私達を下に下に貶めないと、自分を保ってられないのだ。

そう思いながら、右から左に努めて受け流しました。

 

f:id:harinezumisan:20170821125456j:plain